AOW 愛子の三世帯住宅



仙台市中心部から少し離れ、ほどよい庭を持った住宅が立ち並ぶ 、その中の一つの建て替え計画です。
施主である若い夫婦とそのそれぞれのご両親が住む三世帯住宅です。
計画は、三世帯を各々の棟に分け、合計4つの棟に分割しました。
  A棟(若夫婦世帯棟)、B棟(夫親世帯棟)、C棟(妻親世帯棟)、D棟(水周り・外部収納棟)

上写真における分棟配置は、
手前左にD棟、手前右にA棟、その奥にB棟、一番奥にC棟 が位置しています。

ファサードは、周辺の建物に圧迫感を与えないように分棟にすることでボリュームを分散しています。

前面道路北西側
 外壁もボリュームごとに、異素材を採用したが、色味で統一感を出すように工夫されています。

北東側

北東側もう少し引いて
 手前の左C棟と右D棟は木造、奥のA棟とB棟はRC造外断熱

南側
 すべての棟が、南庭に面するように計画されています。
 南庭は、三世帯の共用の庭ですが、それぞれの室内からは専用庭のように感じるように窓の配置を工夫しています。南庭を共有することで、各世帯のコミュニケーションの場としても活用されます。

前面道路西側
 A棟とD棟のスキマに、メインアプローチが見えます。

アプローチ部分を正面から見る。
 左側にはD棟、右側にはA棟

さらに進むと手前右側にA棟(若夫婦世帯棟)があり、もう一歩奥に進むと、玄関ホール(上写真)にたどり着きます。玄関ホール右側がB棟(夫親世帯棟)、玄関ホール正面がC棟(妻親世帯棟)が見えます。

先程の玄関ホールからA棟に入る。
 手前にリビングダイニング、奥にキッチンが見える。暖房はパネルヒーターを採用、輻射式暖房(PSヒーター)のため部屋全体が蓄熱体として機能し、快適です。

家具をいれてもう一枚。
 キッチン上の大きな窓は、「絶妙に心地よい!」とクライアントに大好評でした

建物データ

所在地 宮城県仙台市
用途 専用住宅
構造 木造、RC造
建築面積 155.8㎡
延床面積 189.8㎡
竣工 2009年
設計者 都市建築設計集団/uapp
施工
  • 戻る
  • 建物傾向質問回答集を見る 設計者詳細を見る
ご利用案内
  • サービス概要
  • 探したい方へ
  • 設計者の方へ
  • 工務店の方へ
  • FAQ
  • お問合せ
マイページマイページとは?
ログイン
登録済みの方はこちらからログインできます。
  • ログイン


新規登録
新規登録
新規登録
新規登録
※登録は無料です
SSL
sslcertificate