中庭のある家



建物は、周囲の視線を気にすることなく、光や風を建物内に導けるように、中庭を中心としたプランとしています。各部屋の配置をはじめ、徒歩や車での帰宅、来客の動線も中庭を中心として計画しています。帰宅した時や各部屋の窓から、それぞれ趣の異なる中庭の緑が、四季を通して目を楽しませてくれます。

リビングの中庭に面する窓を戸袋に収納すると、中庭と一体となる開放的な空間になります。この写真は、戸袋に入っている障子を閉めた様子。他の部屋の窓にも障子が組み込まれています。 右側の柱は、20㎝角程の太さがあります



リビング(やさしい光の入る地窓を開けると風が通り抜けます)


ダイニングキッチン(中庭を眺めながら家事が出来ます)

玄関(玄関を入ると正面に中庭が見えます)

ホテルライクなバスルームです。

中庭(書斎から中庭の奥のリビングを見ています)

深い軒のある和モダンの外観。
コンクリート部分には、杉の木目や色が転写しています。

建物データ

所在地 東京都武蔵野市
用途 住宅
構造
建築面積
延床面積
竣工
設計者 根岸達己建築室
施工
  • 戻る
  • 建物傾向質問回答集を見る 設計者詳細を見る
ご利用案内
  • サービス概要
  • 探したい方へ
  • 設計者の方へ
  • 工務店の方へ
  • FAQ
  • お問合せ
マイページマイページとは?
ログイン
登録済みの方はこちらからログインできます。
  • ログイン


新規登録
新規登録
新規登録
新規登録
※登録は無料です
SSL
sslcertificate