武庫之荘の家



ガラスの筒状のような外部吹き抜けが建物の中を通り、自然光を入れる提案をさせて頂き、計画を進めることとなった。
 「ガラスの筒」は畳1帖程度の小さい面積であるが、光を取り込むということに用途を限定することで、ガラスのみで作られたフレームの少ない筒形状をとなった。光が「ガラスの筒」を通る。光がガラス面を反射し合い下階のガレージ床まで照らされる。光の様子が移り変わることで時間の流れを感じる。

建物データ

所在地 兵庫県
用途 新築
構造 鉄骨
建築面積 27.3㎡(8.2坪)
延床面積 67.7㎡(20.4坪)
竣工
設計者 藤原 愼太郎・室 喜夫
施工
  • 戻る
  • 建物傾向質問回答集を見る 設計者詳細を見る
ご利用案内
  • サービス概要
  • 探したい方へ
  • 設計者の方へ
  • 工務店の方へ
  • FAQ
  • お問合せ
マイページマイページとは?
ログイン
登録済みの方はこちらからログインできます。
  • ログイン


新規登録
新規登録
新規登録
新規登録
※登録は無料です
SSL
sslcertificate