神戸の高台の家 -改修・屋根裏を狙え-



クライアントは、初めてのデートが住宅展示場だったという新婚夫妻で、新築、リノベーションの両方を検討していた。高台にあるこの物件が見つかり、リノベーションを選択することになった。

キッチンはタフなステンレス製の壁付けとし、ダイニングとの間には、人工大理石のカウンターを造りつけた。この上で直接パン生地をこねるのだが、実際に頂いた手作りパンは、本当に美味しかった。

リビング

ロフト。断熱材の性能が上がったことも、屋根面一杯まで空間を使える大きな理由である。リノベーションにおいて屋根裏は、宝の山なのだ。

神戸は大変住みやすい街と言える。北には山、南には海。南向きの高台は大変日当たりがよい。よって、多くの住宅が建ちならぶ。

築20年を超える家は、屋根裏が使われていないケースが多い。瓦屋根の場合、ある程度の勾配が必要となる。防水、屋根材の進歩もあり、そこまでの勾配を要しない現在より、大きな屋根裏がある。

キッチンと収納。「男前なキッチン」が好きな夫妻に相応しい家に生まれ変わったと思っている。

洋室

寝室

外観

建物データ

所在地 兵庫県神戸市
用途 住宅
構造 木造
建築面積 建築面積:43.83 ㎡
延床面積 延面積:87.39 ㎡
竣工 2013年9月
設計者 守谷昌紀
施工
  • 戻る
  • 建物傾向質問回答集を見る 設計者詳細を見る
ご利用案内
  • サービス概要
  • 探したい方へ
  • 設計者の方へ
  • 工務店の方へ
  • FAQ
  • お問合せ
マイページマイページとは?
ログイン
登録済みの方はこちらからログインできます。
  • ログイン


新規登録
新規登録
新規登録
新規登録
※登録は無料です
SSL
sslcertificate