東田辺の家-風水とは-



東住吉区は、大阪平野を北に貫く上町台地の付け根にあたる。近くに活気のある商店街もあり、大変住みやすい街である。

住宅を計画する際、最も重要なのは、クライアントがどのような暮らしをしたいか、である。次に向かい合うべきものは環境だろう。どれ程良いプランであっても、その「場所」に合っていなければ、何の価値もないからだ。

その大きな指針として「風水」というものがある。中国から伝わって来たとされるので、東アジア共通のものと言えそうだ。

様々な解釈はあるが、大きくは北東の鬼門、南西の裏鬼門に、水廻りや玄関を持ってこないことだろうか。

本計画のクライアントは、四柱推命に詳しい。よって、この計画において、配置、開口部においては明確な希望があった。

敷地の中心からこの角度の間は玄関を避ける。また、この範囲は開口を作ならない等々。

当初は、難しいもののように考えていたが、むしろプランの確定は早かったと思う。案ずるより産むがやすしである。

考えてみれば、日当たりの強すぎる場所、日が当たらない場所に、向く、向かないを判断するのだから、それ程難しいものではないのかもしれない。

思ったより広く、思ったより明るいという感想を貰っている。それらを実現するにはやはり、敷地に向かい合うしかないのだと考えている。

外観

玄関

リビングダイニングと庭

リビングダイニングからキッチンを見る

2階洋室

2階洋室

洋室のハイサイド

2階廊下

2階からPCコーナーを見る

建物データ

所在地 大阪市
用途 住宅
構造 木造 2階建て 新築
建築面積 58.61 ㎡
延床面積 117.22 ㎡
竣工 2012年4月竣工
設計者 守谷昌紀
施工 市川工務店
  • 戻る
  • 建物傾向質問回答集を見る 設計者詳細を見る
ご利用案内
  • サービス概要
  • 探したい方へ
  • 設計者の方へ
  • 工務店の方へ
  • FAQ
  • お問合せ
マイページマイページとは?
ログイン
登録済みの方はこちらからログインできます。
  • ログイン


新規登録
新規登録
新規登録
新規登録
※登録は無料です
SSL
sslcertificate