十月桜の家



敷地の周りには住宅が密集している。その上、西側の駐車場にはいずれ建物が建つであろうこと、北隣が新聞販売店であり、早朝から営業される事などを考え、中庭を設け、敷地全体を壁で囲み、外部に対しては閉じる事にした。ただし、東側の細い里道に圧迫感を与える事は避けたかった。そのために出来る限り高さを抑え、中庭のシンボルツリー“十月桜”は道行く人も楽しめるようにした。
居住空間は中庭に向けて大きな開口部を設け、中庭、及びその上部を内部空間の延長として感じられるように工夫した。また、衣類は水まわりのそばの納戸に収納するようにし、着替え、洗濯、収納の動線を短くした。
更に「シンプルな家にしたい」というクライアントの希望やコスト面の問題もあったために、扉を極力設けないことにした。結果的にはそれによって風通しの良い、ミニマルな空間に仕上ることができた。


中庭夕景

2Fテラスよりリビングを見る

2Fテラス夕景

リビング

アトリエ

浴室

寝室

建物データ

所在地 大阪府高槻市
用途 一戸建ての住宅
構造 木造
建築面積 52.17m2
延床面積 81.98m2
竣工 2006年4月
設計者 堀部直子建築設計事務所
施工 橋本工務店
  • 戻る
  • 建物傾向質問回答集を見る 設計者詳細を見る
ご利用案内
  • サービス概要
  • 探したい方へ
  • 設計者の方へ
  • 工務店の方へ
  • FAQ
  • お問合せ
マイページマイページとは?
ログイン
登録済みの方はこちらからログインできます。
  • ログイン


新規登録
新規登録
新規登録
新規登録
※登録は無料です
SSL
sslcertificate