Y−HOUSE



2階リビング
ネオマフォームによる外断熱仕様を採用し、内装仕上げを躯体表し表現としている。
軸組にはドリフトピン金物工法を採用し、羽子板プレートや筋交い金物を隠蔽。
(躯体表しに適した工法であるが、仕口形状により金物が対応が出来ない部分も有る)
構造用合板ー耐力壁が基本であるドリフトピン工法は、大きな一体空間に袖壁が出てくるため不向き?。
しかし、今回は空間の一体感を考慮し筋交い型ー耐力壁を併用している。
SE工法(木軸ラーメン工法)を採用すれば、ブレースの存在も消すことが可能となったであろう。
壁仕上げは構造合板(OSB合板表し仕上げ)
柱・梁は集成材表し仕上げ
OSBの印字面を室内側に配し、サンドペーパーでサンダー掛けして印字を消去
(コスト配慮のため)

2階にリビングを配置、南面上方から採光確保するべく円弧屋根(屋窓)を持ち上げている。
法規的には、地下1階+地上2階+屋窓扱いのため、準耐火建築物ではない。
左側の隣家は南側からの採光確保を期待していないプラン(隣家が建つ事を想定)。
それに対し、南側ー隣地境界迄の離れを少しでは有るが約2m確保し採光確保。
(南側隣家は北側斜線があるため、高い建物は建てられない為)。。

2階リビング吹抜け
構造材の素材感・OSB壁の素材感が強いため、照明器具・カリビアンファン・
ロフトタラップ・手摺・カーテン類などは素材感の有るものを採用しバランスを確保。
キッチン腰壁・キッチン背面収納もOSB合板仕上げとしている。

2階リビング
南側ハイサイドライトから採光確保
スケルトンの筋交いは空間を分断しない。
奥に見えるボックス状の物はキッチン腰壁。

2階リビング
南側ハイサイドライトから採光確保
スケルトンの筋交いは空間を分断しない。

1階 寝室
寝室の壁・天井はクロス仕上げとしている。

建物データ

所在地 東京都港区
用途 専用住宅
構造 木造(SE工法)
建築面積 35.19
延床面積 105
竣工 2007
設計者 正本設計工房 一級建築士事務所
施工 ウィークエンドエンジニアリング
  • 戻る
  • 建物傾向質問回答集を見る 設計者詳細を見る
ご利用案内
  • サービス概要
  • 探したい方へ
  • 設計者の方へ
  • 工務店の方へ
  • FAQ
  • お問合せ
マイページマイページとは?
ログイン
登録済みの方はこちらからログインできます。
  • ログイン


新規登録
新規登録
新規登録
新規登録
※登録は無料です
SSL
sslcertificate