N-HOUSE



医院併用住宅

敷地のコアとなるべきところにシリンダーを配置する、シリンダーは 求心的な空間性を示しており、シリンダーの内部と外部では空間の密度に差が生じている。また、このシリンダー外周部は桧の縁甲板で出来ており、シリンダーの周りには、木の放つ柔らかな空間が発生する、この状態では空間は静止している。そこで、L型の壁・コ型の壁・ツイストしたL型の壁・列柱等をシリンダーの回りに空間を流動させるべく配置すると、配置する壁の巾・高さ・開いた面の数・開いた方位などにより、静止していた空間には『淀みや流れ』が発生する。この様に、シリンダー・L型の壁・コ型の壁・ツイストしたL型の壁・列柱等のエレメント間は、『淀みや流れ』といった流動体で満たされる事になる。

配置されたL型壁・列柱のすき間から、溢れ出る光

L型壁の構成
サインボード化された医院玄関庇 垂直方向に空間が流動する構成

医院玄関庇見上
医院玄関見上・屋根に開けられた3カ所の丸型トップライトは
全体の構成の中でリズムを生む

屋根見上
屋根を支える丸柱の構成

医院吹き抜け見上
屋根および庇の構成

住宅居間ロフト部分見上
住宅居間内のロフト構成

北側立面を望む
ブルーのボリュームがL型壁に貫入

住居玄関側から見る
列柱に支持された屋根を透かして空が垣間見える

建物データ

所在地 兵庫県淡路市
用途 医院併用住宅
構造 鉄骨造
建築面積 278.434
延床面積 401
竣工 1999
設計者 正本設計工房 一級建築士事務所
施工 関西ハウス工業

おすすめ情報

工種 使用部位・おすすめ理由など 名称・品名等 会社名
外周開口部 アルミサッシュ YKKネセス Y
  • 戻る
  • 建物傾向質問回答集を見る 設計者詳細を見る
ご利用案内
  • サービス概要
  • 探したい方へ
  • 設計者の方へ
  • 工務店の方へ
  • FAQ
  • お問合せ
マイページマイページとは?
ログイン
登録済みの方はこちらからログインできます。
  • ログイン


新規登録
新規登録
新規登録
新規登録
※登録は無料です
SSL
sslcertificate