A邸別荘



この建物の最大の売りは「ローコストで、かつ、豊かな空間性」つまり、究極のローコスト住宅です。普通の建て売り住宅や知名度の低いハウスメーカー住宅と同等のコストで、それらでは絶対に実現出来ない空間性とクオリティーを持ち合わせています。

「ローコスト住宅」ですが、仕上がりはまったくそんな風に見えないと思います。リビングダイニングの天井高は4.2mありますし、浴室とユーティリティエリアは開放的にデザインしました。キッチンも既製品をうまく組み合わせてオープンキッチンを実現。収納にしてみても、クライアント夫婦に十分な量を確保できました。

外壁色は樹脂モルタルハケ引きの塗り壁で「柿渋色」です。設計当初「黒」の外壁を想定していたけれど、クライアントの要望もあり、和のカラーを採り入れました。竣工したばかりなので、ちょっと色が明るすぎるかもしれませんが、1年くらいたって、少し汚れてくると、もっと落ち着いた深みのある色になるはずです。

高天井のリビングダイニングに明るい光を供給する大開口サッシュと品のある連装高窓が特徴です。サッシ類はブラックで引き締めました。

リビングダイニングです。天井高4m以上の空間に、オープンのキッチン、家を十分に支える構造体をあえて表しにして、コストの削減はもちろん、木のぬくもり感と力強さを表現しました。連装高窓は十分すぎるくらい、明るい光を取り込んでくれます。

リビングダイニングに隣接して多目的に使える畳空間をあしらいました。リビングと一体に利用しても違和感の無いようにモダンな和空間に仕上げました。

バスルームと洗面室です。面積に制限があるので、それぞれ普通に仕上げてしまっては狭い、ただの水廻りになってしまいます。でも今回はバスルームと洗面室をオープンなガラスで区切ることにより、空間的にも豊かな、狭さを全く感じさせない事に成功しました。

洗面台も既製品ですが、品良くハリウッドランプ状に照明器具と大鏡を組み合わせることによって、女性にも嬉しいパウダーコーナーになりました。

建物データ

所在地 千葉県富津市
用途 住宅
構造 木造平屋建
建築面積 69.58㎡/21.05坪
延床面積 67.00㎡/20.27坪
竣工 2010年6月
設計者 山内建築設計事務所
施工 有限会社 誠和建設
  • 戻る
  • 建物傾向質問回答集を見る 設計者詳細を見る
ご利用案内
  • サービス概要
  • 探したい方へ
  • 設計者の方へ
  • 工務店の方へ
  • FAQ
  • お問合せ
マイページマイページとは?
ログイン
登録済みの方はこちらからログインできます。
  • ログイン


新規登録
新規登録
新規登録
新規登録
※登録は無料です
SSL
sslcertificate