宮栄のコートハウス



通りに面したアルミパンチングメタルのスクリーンで囲まれたデッキ付の中庭をもつコートハウスです。設計のポイントは次の通りです。①屋内外で視線が行き交い家族交流と近隣交流を促す ②中庭を中心に回遊する動線 ③家族のプライバシーを保ちつつまちに開く中庭 ④緑・光・風を取り込む中庭 ⑤ふんだんに使った越後杉のぬくもり ⑥健康的な材料の使用(木・月桃紙・珪藻土) ⑦次世代型省エネ住宅(高断熱高気密)

夜景です

中庭から通りを見ています。アルミパンチングスクリーンで視線を通し、家族と通りを通る人で交流します。

中庭です。右手1階が居間、左手が書斎です。

中庭の見上げです。

居間です。奥が中庭です

階段板に穴を明け、下に照明器具を仕込みました。

建物データ

所在地 新潟県長岡市
用途 専用住宅
構造 木造
建築面積 122.53m2
延床面積 148.73m2
竣工 2007
設計者 今井保一設計室/今井保一
施工 加茂ウッドシステム

おすすめ情報

工種 使用部位・おすすめ理由など 名称・品名等 会社名
木工事 構造材・仕上材 地元の材料です 越後杉
  • 戻る
  • 建物傾向質問回答集を見る 設計者詳細を見る
ご利用案内
  • サービス概要
  • 探したい方へ
  • 設計者の方へ
  • 工務店の方へ
  • FAQ
  • お問合せ
マイページマイページとは?
ログイン
登録済みの方はこちらからログインできます。
  • ログイン


新規登録
新規登録
新規登録
新規登録
※登録は無料です
SSL
sslcertificate